ホームブログ ≫ とても伝わりにくい洗面台交換 ≫

とても伝わりにくい洗面台交換

20201105_112420
リフォームダイトのリフォームブログ、
第2弾は洗面台交換についてです!

表題にもある通り、とても伝わりにくいものとなっているかもしれませんが、
まだ不慣れということで、どうぞ生温かく見守っていただければ幸いです…(T_T)


今回は、社長のお知り合いの大家様より、直々にご依頼を受けたそうです。

賃貸アパート1階の、幅600mmの洗面台を交換することになったのですが…

とても残念な写真しかなく。

見てください。思いっきり撮影した人間が映り込んでいます!

何たる失態…!!

本当に申し訳ございません。

今回ばかりは何卒お許しを…!!





ゴホン。さて…

肝心の洗面台交換について、今回の事例を交えてご紹介させていただきますね(^^)/


結論から申し上げますと、今回の洗面台交換工事は、

ゲームの難易度でいうところの【EASY】にあたります。

念の為2人で向かったのですが、1人でも十分施工可能な内容でした。

それはなぜか。


まず第1に、既存品と入替品がとても軽い素材だったこと。

第2に、1階だったこと。

第3に、動線・設置場所に十分な空間的余裕があったこと。



この3つのうち1つでも欠けてしまうと、1人では施工が難しくなります。

搬入出の際、洗面台の角をぶつけて、家財や内装に傷をつけてしまったり、

重かったために手が滑って落としてしまい、洗面台が破損してしまった、

スペースの狭い階段を無理矢理通ろうとして、洗面台ごと落下して大怪我…などなど、

考えれば考えるほど危険が伴う作業となるからです(-_-;)


3点をバッチリクリアしてくれた今回の事例は、

お部屋に入って洗面台を取り外してから、

溜まった汚れを綺麗にお掃除して、

新しい洗面台を取り付けて片付け、退室まで

時間にして何と… 1時間足らずで終了です!

1604542675866

今回大家様からいただいた施工費は、な な なんと 驚きの

15,000円 ! ! !


例の3点に加え、現場が近かったことや、

給排水に問題がなく、材料も大家様支給だったので、

この価格が実現しました!


経年劣化による、どうにもならないプラスチック部分の変色や、

防水のためのコーキングの消えない汚れ、傷み、剥がれ、

古いタイプならではの、少し扱いづらい仕様の棚など、

思い切って全体を交換することで、すべてリセットすることができました(^^)/


今回は、壁紙やクッションフロアの貼替はありませんでしたが、

壁紙やクッションフロアを張り替えると、

見慣れた空間がガラリと変わっちゃいますよ!

気になっていた色褪せや、なかなか落とせなかった汚れまで

一掃できます!! オススメです(*^^*)



今回は洗面台を丸ごと交換、というパターンでしたが、

・シャワーの水栓から水がポタポタ止まらなくて困っている

という一部のお悩みから、

・湿気のせいか、脱衣所(トイレ、キッチン等)全体がカビだらけ

という、スペース全体のお悩み、

・クロス(クッションフロア)の貼替だけ頼みたい

という、一部内装のご相談まで、

幅広く承ります!



ご相談はホームページのお問合せフォームの他、

お電話 0436-63-4155
FAX 0436-63-4166
メール otoiawase@ichirin-daito.com


まで、どうぞお気軽にご相談ください!
2020年11月11日 15:13

リフォームダイト

所在地
〒290-0023
千葉県市原市
惣社3-4-1-102号

電話番号
0436-63-4155

FAX番号
0436-63-4166

営業時間 9:00~18:00

定休日 元日のみ休業

会社概要はこちら

サブメニュー

モバイルサイト

そのお部屋には、価値があります!! リフォームダイト|ダイト合同会社スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら